肌がきれいな女性たち

レチノイン酸はトレチノインの別名でも有名ですが、クリニックや病院の皮膚科領域ではシミの治療目的で処方されることが多い薬です。いわばシミを漂白する作用を持っているわけですが、ニキビやシワの治療にも適応される薬とされています。
ここでは、レチノイン酸はどのようなメカニズムでシミの解消に効果を発揮するのか、注意するべき副作用なども含めてご紹介します。

レチノイン酸は、ビタミンA誘導体のことであり、主要な作用は表皮角化細胞のターンオーバーを促進することです。皮膚の細胞は基底層から未熟な細胞が分化しながら成長し、最終的には角質になって皮膚の一番外側にある表皮から剥落していきます。いわゆるこれが垢なのです。このような一連の表皮細胞の新旧細胞の世代交代がターンオーバーと呼ばれ、概ね52日から75日間ほどのタイムスパンでくりかえされます。

ところがターンオーバーの期間は加齢やストレス、紫外線暴露などの影響で長期化しがちです。ターンオーバーが停滞すると古い角質が残り続け、表皮の角質が増殖して毛穴詰まりや乾燥肌などの肌トラブルが悪化することがよくあります。
普通のコンディションでは2カ月ほどでターンオーバーが完結しますが、レチノイン酸にはそのサイクルをはやめる効果があります。具体的には、シミの原因となっているメラニン色素も、ターンオーバーが促進されることで、通常のコンディションよりも細胞の分化成長がはやまるため排出が早くなるのです。このように見ると、レチノイン酸がシミに対して、漂白剤に類似した作用をもつことが理解できるはずです。

またレチノイン酸は、毛穴の詰りとなるコメド(角栓)を溶解し、皮脂腺の機能を抑制する作用も持っています。皮脂腺から分泌される皮脂が毛穴に詰まることがニキビの原因となっているので、米国ではレチノン酸はニキビ治療薬として認可されているのです。
そしてレチノイン酸は表皮だけでなく、その下の真皮層にも作用し、ヒアルロン酸などのたんぱく質の生成を促進します。この特性のおかげで肌のハリが回復したり、シワが目立たなくなったりするのです。

ただしこの効果のなかでも、表皮のターンオーバーを促進する作用については、注意してみることが必要です。本来は2カ月ほどでターンオーバーが完了するはずのところを、短期間で終わらせるため、作用が強力なので皮膚にとっては刺激になる側面があります。そのため使用に当たっては慎重に自分にとっての適量を見極める必要があるわけです。